【誰も気づいてない】次のバブルシナリオは期間投資家参入だけではないシナリオXについて

筆者は、ETFや現渡先物のSEC承認はまだまだ先と見ているので、別角度から次のバブルについて触れたい。

最近のニュースから、Jコイン、coin等、メガバンクがペグ通貨発行を目指していることをご存知でしょうか。

ペグ通貨について、1円とペグ(固定)されているつまらない通貨だから流行らない、なんて勘違いしている人はいませんか?

違います。

ペグ通貨から、バブルを引き起こす

シナリオXが存在します。

日本に限らず、世界各国のメガバンクが法定通貨とペグした仮想通貨は、いつでも固定で法定通貨と両替可能。

ペグ通貨同士の両替も、為替レートをもとに可能。

何がすごいか?

法定通貨から仮想通貨の世界への誘導に繋がるということです。

今、銀行業や証券業を営むお堅い大手金融機関では、銀行業、証券業以外はNG。だから、安易に仮想通貨に参入できない。ところが、円ペグの仮想通貨取り扱いを始めたらどうか?もちろん金融庁の許認可が必要。

円⇒仮想通貨の流れ ができる。

例えば100万円が100万Jコインに両替される。

次に、みずほ口座内で、Jコインは金融庁登録済みの仮想通貨交換業者に送付され、好きな通貨に変わるサービスも提供可能となる。(ここも許可が必要だが)

つまり、シナリオXとは

各国のメガバンクが法定通貨ペグの仮想通貨を作り、一般人に広く仮想通貨を買う選択を迫るシナリオである。

したがって、今後、ETFや現渡先物のSEC承認だけではなく、メガバンクのペグも追いかけることをオススメされたい。

以上。

広告