【本当の脱社畜サロン、一握りの人しか気づいていない】乞食エアドロッパー大勝ち理論

本日のトップニュースは、コインチェックが金融庁に仮想通貨交換業者として成り上がったことです。

これまで、みなし交換業者でしたが、やっと、正式に仮想通貨交換業者として認可されました。

みなし交換業者だと、(悪いことをしてなくても)金融庁からいつ業務停止処分を受けるかわからないリスクがあります。

そこで、金融庁の要求する管理水準を満たせば、正式な仮想通貨交換業者として認められ、不意の業務停止処分を防ぐことができ、取引所利用者からの信用が増し、利用者が増え、取引所としてはより良いのです。

コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:勝屋敏彦、以下:当社)は、2019年1月11日に資金決済に関する法律に基づく仮想通貨交換業者として関東財務局への登録が完了しましたので、お知らせいたします。by コインチェックHP

大変めでたく、ビットコインやリップル等、コインチェックに上場している大手の仮想通貨銘柄には長期的な好ファンダ材料の1つとなりました。

このニュースで相場は上に動きませんでしたが、仮想通貨界、暗号通貨界の好ファンダ材料箱に、着実に1つ好ファンダポイントが入ったといえます。

さて、

コインチェックの金融庁認可を記念して、

業界の一握りの人しか気づいていない、

乞食エアドロッパー大勝ち理論についてお話します。

エアドロップはリスクフリー

エアドロップとは、仮想通貨のプロジェクトから、仮想通貨をプレゼントしてもらうことをいいます。

エアドロップの多くが、無料で参加できるものです。

例えば、ビットフライヤーのログインボーナスや、

仮想通貨プロジェクトのKYC(仮想通貨プロジェクト応援者としてメルアドや電話番号等を登録)をしてプレゼントされる仮想通貨や、

日本の、或いは、海外の取引所やウォレットを登録してKYCをして貰える仮想通貨があります。

これらは全て、無料で参加できます。

つまり、無料で仮想通貨をゲットできるということです。

すなはち、リスクゼロ、リスクフリーで仮想通貨を保有することができます。

ちなみに、投資リスクはゼロですが、ハッキングリスクはあります。登録したメールアドレスに、縁のゆかりもないメールマガジンが届くことがあります。

ただ、こういうリスクは、投資という観点からは無視します。投資リスクは投資コストがゼロなので、リスクフリーとなります。

エアドロップされる仮想通貨の価値

エアドロップされる仮想通貨の価値は、ほとんどの場合、安いです。

多くのエアドロップに参加してきた筆者の肌身感覚では、

1つのエアドロップ企画で貰える仮想通貨の価値は大体、

100円程度。

よくて500円。

たまに1500円ほどの太っ腹のエアドロップ企画が現れるが、応募者が殺到したり、参加条件が厳しかったりして、ゲットできることはほとんどない。

ちなみに、ONTのエアドロップが過去最大の価値を生みましたが、私は参加していなかったため、めちゃくちゃ後悔しています。

ONTのメールマガジンを登録するだけで、ONT1000枚が配布されたようです。ONT1000枚は、一時100万円の価値をつけました。

ただ、参加の難易度は高かったです。メールマガジン登録者に1000枚が配布されることは、配布者が確定した後に発表されました。プロジェクト関係者や勘が鋭い人、本当にNEO系プロジェクトが好きな人でONTに注目していた人だけが、メールマガジンに登録していて、エアドロップされた事例でした。

まとめると、100円から100万円の可能性を秘めるリスクフリーなエアドロップ。

では、本題の

乞食エアドロッパー大勝ち理論に入ります。

さて、

数打てば当たる

なんて誰でも分かることは言いません。

もちろん、数打てば当たります。

が、私が言いたいのは、

待てば当たる

です。

どういうことかというと、

今、ビットコインの価格は40万円前後。

そんな価格で、仮想通貨プロジェクトの運営側がエアドロップでプロモーションをかけたい場合、エアドロップの枚数はどのように設定するでしょうか?

他の成功事例や失敗事例を調査して、多くの人にある仮想通貨のプロジェクトを知ってもらうために、少なすぎない、でも多すぎないような枚数、価値に設定するのではないでしょうか。

つまり、一人あたりにエアドロップされる価値は、数百円程度の設定になるのが通常だと考えられます。

これは、しょぼいのでしょうか?

いや、違うんです。

しょぼくないのです。

数百円の価値ではなく、エアドロップ枚数とビットコインに着目しましょう。

ビットコインとの交換比率が将来変わらない場合、

将来的にビットコインバブルが再び起きて、200万円どころか、400万円になった場合には、今40万円ですから、数百円だったエアドロップは10倍の数千円になっています。

巷にはビットコインが1000万円をつけるとか、1億円をつけるというような予想もあります。

1億円の場合は、今の250倍。100円のエアドロップは2万5千円になります。

仮想通貨市場は未熟です。

株式市場や債券市場のように裁定取引をする人、投資会社が少ないため、

数百円のゴミのようなエアドロップ仮想通貨も、ビットコイン価格があがると価値があがります。なぜなら、ビットコインとの交換比率は維持される傾向にあるからです。日本円での価値を考えた場合、ビットコインやイーサリアムの主要通貨の価格に連動して上がっていきます。ビットコインの交換比率に関するこのような傾向は初期の市場が未熟な今だけなので、まだまだ初期の今に再度バブルが起きることを筆者は願っています。

つまり、今ゴミのようなプロジェクトの仮想通貨エアドロップであっても、ビットコインやイーサリアムの主要通貨に連動して一緒に価値があがる可能性があります(もちろん逆にビットコインの下げに連動して一緒に下がる可能性もある)。

正確には、草コインと主要通貨の価値は異なるのに、本当の価値の違いに基づいてそれぞれの価格を調整する裁定取引者が仮想通貨市場には少ないし、全ての草コインをショートできるわけではないので、仕方なく、草コインと主要通貨の価値は一蓮托生しているということです。

つまり、

何が言いたいかというと、

草コインとビットコインやイーサリアム の価格は連動するので、

仮想通貨相場が再びバブルになることに期待して、

エアドロップはとりあえず何でも参加していた方が良い、

ということです。しかも、無料でできる。ここが重要。

無料、リスクフリーで、仮想通貨の再バブル、暴騰に乗ることができる、

ということです。

このようにして、

乞食エアドロッパーは大勝ちする、

ということです。

さて、今、アツいエアドロップを紹介しておきます。

今参加できる有望エアドロップを1つ紹介しておきます。

Cobo ウォレットのエアドロップ

TRX系のウォレットです。特徴は、このウォレットでビットコインやTRX等を一定期間ロックすると、利息がつくことです。いわゆる定期預金です。

中華ウォレットで最近流行ってます。

(akazukinさんのツイート引用)

また、TRXは最近、Dappsゲーム(ブロックチェーンベースのゲーム)の開発が進んできており、CoboウォレットのブラウザでTRX系のDappsゲームをすることができます(EOSと同様に、初期はギャンブル要素が強いゲームが多いので、今遊ぶことはあまりオススメしません。)。

さて、登録しておきましょう。

Coboウォレットの登録先はこちらをスマホからクリック。

電話番号登録でもメールアドレス登録のどちらでもOKです。

登録でCoboウォレットのコインであるCCがランダムの枚数で貰えます。

最高で500枚です。

ぜひ下のツイートもご参考下さい。

本日は以上になります。

ブックマークや拡散頂けると喜びます。

本記事に書いた乞食エアドロッパー大勝ち理論は、ぜひエアドロッパーのみなさまご引用下さい。